宮崎牛

宮崎牛(みやざきぎゅう)とは、宮崎県内で肥育生産された黒毛和種の和牛のうち、日本食肉格付協会の格付けにおいて、肉質の等級が”4等級”以上の牛肉のことです。宮崎牛は地域ブランドの1つであり、地域団体商標に登録されています。

宮崎県では、以前から肉用牛の子牛(素牛)の生産が盛んな地域で、2007年(平成19年)には、子牛の出荷頭数73,797頭のうち46.6%を宮崎県外に出荷しています。雌の子牛の出荷先の1位は三重県で、2位が東京都、3位が佐賀県で、これらの地域のブランド牛肉の素牛となっています。

1971年(昭和46年)からは、素牛を宮崎県内でそのまま肥育して、食肉処理まで行うシステムが構築されており、1986年(昭和61年)からは、一定の基準を満たした牛肉のことを「宮崎牛」としてブランド化するようになりました。

1 2 3 4 .. 100

【ふるさと納税】宮崎牛ロースステーキ500g(250g×2枚)

【ふるさと納税】宮崎牛ロースステーキ500g(250g×2枚)
18,000 円 (税込) 送料込
評価 4.19
製品仕様 商品名 【ふるさと納税】宮崎牛ロースステーキ500g(250g×2枚) 内容量 【計 500g】 宮崎牛ロースステーキ用(4等級以上)  250g×2枚 賞味期限 冷凍で90日 配送方法 冷凍 保存方法 冷凍(マイナス18度以下) [解凍方法] 冷蔵庫内での自然解凍をおすすめいたします。..

夏ギフト お中元 御中元にも 風呂敷 ギフト 肉 牛肉 宮崎牛 A5ランク 霜降りスライス すき焼き肉 500g A5等級 しゃぶしゃぶも 和牛 黒..

夏ギフト お中元 御中元にも 風呂敷 ギフト 肉 牛肉 宮崎牛 A5ランク 霜降りスライス すき焼き肉 500g A5等級 しゃぶしゃぶも 和牛 黒..
6,980 円 (税込) 送料込
評価 4.48
【贈り物や景品などギフトに喜ばれる風呂敷包み】 ちりめん生地の高級風呂敷包み!大手保険会社様や製薬会社様にもご利用頂いておりますので安心してギフトにご利用下さい。 【宮崎牛販売指定店が直送する本物の宮崎牛】 内閣総理大臣賞も受賞した最高級の黒毛和牛ブランド..

【送料無料】宮崎牛とろけるクラシタロース500g《ギフトラッピング仕様》【宮崎県産】【すき焼き しゃぶしゃぶ】【楽ギフ】【楽ギフ_包..

【送料無料】宮崎牛とろけるクラシタロース500g《ギフトラッピング仕様》【宮崎県産】【すき焼き しゃぶしゃぶ】【楽ギフ】【楽ギフ_包..
5,480 円 (税込) 送料込
評価 4.43
ブランド牛・宮崎牛を大切な方お世話になった方へ。 お中元・お歳暮、ギフトに人気の特上ロース。 包装も「そのままギフトでOK」なラッピングタイプ のし各種ご用意いたしております。 名称 宮崎牛肩ロース 産地 宮崎産 内容量 500g 宮崎牛脂1個(約20g)付 消費期限 別途商品..

1 2 3 4 .. 100

楽天ウェブサービスセンター CS Shop

宮崎牛の定義

下記の条件を満たした牛肉を「宮崎牛」と呼称します。

  1. 品種:黒毛和種
  2. 地理的表示:宮崎県内で肥育生産
  3. 格付け:日本食肉格付協会の格付基準の肉質等級が4等級以上

宮崎牛の歴史

  • 1971年(昭和46年)、肉用牛の子牛(素牛)を生産して他県に移出していた状況から、その素牛を肥育して食肉処理まで地域内で行う一貫生産体制の構築を始めた。
  • 1986年(昭和61年)10月、「より良き宮崎牛づくり対策協議会」が創設され、正式に「宮崎牛」が定義された。このとき宮崎牛は「食肉販売店等が宮崎牛として表示販売を行うことのできる牛肉は、最長飼育地が宮崎県の黒毛和種で、(社)日本食肉格付協会による格付において、肉質等級が4等級以上のもので、血統が明らかなものとする」と定義された。
  • 1986年(昭和61年)11月の大相撲九州場所(福岡市)より、全ての場所で県知事賞として優勝力士に対し宮崎牛の贈呈をしている。
  • 1990年(平成2年)度、JA宮崎経済連の子会社「ミヤチク」の高崎工場が対米食肉輸出工場の認定を受け、アメリカ合衆国に輸出を開始。
  • 1991年(平成3年)4月1日、牛肉輸入自由化
  • 1994年(平成6年)度、香港に輸出開始。
  • 1999年(平成11年)度、シンガポールに輸出開始。
  • 2000年(平成12年)3月、宮崎県内で口蹄疫が確認された。詳細は「2000年日本における口蹄疫」参照。
  • 2007年(平成19年)に宮崎牛(ミヤザキギュー、ミヤザキウシ)として地域団体商標に登録された。
  • 2007年(平成19年)10月11日から4日間の日程で鳥取県で行われた、“和牛のオリンピック”とも呼ばれる「第9回全国和牛能力共進会」において内閣総理大臣賞種牛・肉牛2部門を独占し、農林水産大臣賞9区分中7区分を制覇した。
  • 2009年(平成21年)、宮崎県高原町の県畜産試験場で、県産黒毛和牛の品質改良用の冷凍精液が入った容器143本が盗まれる。
  • 2009年(平成21年)、宮崎市において宮崎牛70kgを使った世界最大のハンバーガーが作られギネス記録を更新した。
  • 2010年(平成22年)4月、宮崎県内で口蹄疫が確認された。詳細は「2010年日本における口蹄疫の流行」参照。
  • 2011年(平成23年)2月、国際獣疫事務局に「清浄国」として認定された。
  • 2012年(平成24年)8月24日、宮崎牛のアメリカへの輸出が再開された。
  • 2012年(平成24年)10月29日に長崎県佐世保市のハウステンボスで行われた「第10回全国和牛能力共進会」において内閣総理大臣賞を種牛部門で受賞した。種牛、肉牛部門でダブル受賞した前回2007年の鳥取県大会に続く受賞で通算3個目となる。2区、3区(若雌)、4区(系統雌牛群、4頭一組)、7区、9区(去勢肥育牛)の5区分でも優等主席に選ばれ、各区分の上位6席までに与えられる点数合計で競う「団体賞」でも1位となった。
  • 2013年(平成25年)、1月9日~3月31日までの期間でJAL欧米線ファーストクラスで宮崎牛が提供された。

コメントは受け付けていません。